ヘッドセットなどのガジェットを選ぶ場合は、bluetoothや2.4GHz帯等のワイヤレス製品をお勧めします。

ガジェットを充実させるためのグッズ情報
ガジェットを充実させるためのグッズ情報

ヘッドセットは欠かせないガジェットのひとつ

PCでチャットを楽しむ場合、内臓のマイクやスピーカーを使うのはお勧めできない。夜間ならば周囲の迷惑になる上、見かけにもよろしくない。また、音質にこだわりたい人には、PCの内蔵スピーカーでは満足できないだろう。そこで、ぜひおすすめしたいガジェットがある。ヘッドセットである。ヘッドセットと言ってもさまざまな種類のものが発売されているが、お勧めしたいのは、コードレスタイプの製品である。コードレスタイプにも種類があり、bluetoothや2.4GHzなどの規格の製品が主流である。近年ではBluetoothが、多くのノート型PCに標準で搭載されている。

この二つの規格の違いを説明したい。用途に応じて選ぶのがよいだろう。まず、Bluetoothだ。この規格は、半径10m以内での通信を前提とする通信規格である。この規格を利用することで、複数の機器を一度に接続することができる。メリットとしては、接続が簡単で初心者向きであること、デメリットとしては、動画鑑賞時の遅延があげられる。ヘッドセット以外のガジェットも一度に接続できるため、レシーバーをいくつも用意する必要がない。近年ではスマートフォンや携帯音楽プレーヤーなどにも搭載されている。続いて、2.4GHz方式である。この規格は名前の通り、2.4GHz帯を用いた通信方式である。特徴として、通信距離が長いことがあげられる。メリットとしては、この規格の製品は、ほとんどの場合設定が必要ない点である。レシーバーをUSBポートに差し込めば、すぐに利用できる場合がほとんどなので、持ち運びにも便利である。デメリットとしては、一つの製品に対して一つのレシーバーが必要な点などがあげられる。また、電子レンジなどと電場干渉を起こす場合がある。最近では、同一メーカーの製品を一つのレシーバーで制御する製品も出てきている。ここまでで、規格の説明は終える。ヘッドセットの場合は、bluetoothの製品が多い。なるべく規格の新しいものを選ぶようにしよう。